キャリアチェンジの質問

面接ノコト

未経験のようですが、どうしてキャリアチェンジしようと思ったのですか?

この記事で分かること
  • 未経験のようですが、どうしてキャリアチェンジしようと思ったのですか?の質問の意図
  • 回答で気をつけたい3つのポイント
  • この質問の回答例
結論

はじめに結論「未経験だから」という自信のない態度をとらないように注意ましょう。

未経験での職種に応募する場合、必ず聞かれる質問です。

この時意識したいのは、「やる気」や「熱意」を見せるだけでは採用担当者の評価を得ることは難しく、「一生懸命やります」とアピールしても、その意欲が本物であることの証明にはなりません。

なので、過去の経験・実績を絡め意欲的な姿勢を見せていきましょう。

質問の目的や意図

面接官
面接官

未経験のようですが、どうしてキャリアチェンジしようと思ったのですか?

この質問は「未経験分野への仕事に対する意欲はどれくらいあるのか?」「挑戦するのは、前の仕事が嫌になったからではないか?」について探ろうという目的です。

面接の順番待ち

未経験の職種の為「何を求められているのかがわからない」「何をアピールしたらいいかわからない」と思っている人もいるかもしれませんが、職種や業種が違っても、アピールするべきなのは、やはり過去の経験・実績です。

そして、面接では決して「未経験だから」という自信のない態度をとらないように注意ましょう。

回答で気をつけたい3つのポイント

質問では、主に以下3つの事柄を考慮して回答するようにしましょう。

前職での経験を未経験分野に活かせる理由を話す

「これまでの仕事は自分に合っていなかったから、リセットのつもりで未経験分野に挑戦する」という人もいると思いますが、面接では正直に言わないほうが良いでしょう。

採用担当者にしてみれば、確実に利益を出してもらえる人を求めています。

なので、「自分はこういう仕事をして・こういう業績を出した・この部分が次の職種にも活かせる・キャリアチェンジを考えた」の流れで話しましょう。

職務経歴よりも自己PRに力を入れた自己紹介にする

未経験職種の場合、自己PRと志望動機をうまく繋ぐことが大切です。

例えば、「前職で培ったコミュニケーション能力や業務処理能力を活かしていきたい」といった部分で、前職で得たスキルや強みを応募先の企業で活かせることを示せれば、納得感のある自己紹介になります。

明確な志望動機と意欲を話す

充分な応募企業をリサーチして、明確な志望動機と意欲を中心に話していきましょう。

例で言えば、この仕事の為に「資格を取得した」「通学や独学で知識を深めた」といった行動は、意欲の裏付けとなります。また、応募する職種・業界と接点を持った経験があれば、充分なアピールになります。

また、応募職種に関連したスキルは、最大限にアピールすべきポイントです。パソコンスキル(Office系)・接客業務・新人指導などは、職種を問わずに評価されるスキルです
このように、業務の中で活かせることができるものをピックアップして、応募先の企業に貢献できることを、しっかりとアピールしていきましょう。

この質問の回答例

良い回答例

面接官
面接官

未経験のようですが、どうしてキャリアチェンジしようと思ったのですか?

回答
回答

前職では営業事務として営業メンバーのサポートをしてきました。営業部員に代わって電話応対するときなど、お客様と直接関わる仕事にやりがいを感じました。また、数字という明確な目標を持ち、それを達成する工夫を行う仕事にも魅力を感じています。

チェックポイント

前職でどのような仕事をし、どんな成果を出したかを述べ、さらに「成果を出すために精いっぱいやった」という印象を出せると良いです。

悪い回答例

面接官
面接官

未経験のようですが、どうしてキャリアチェンジしようと思ったのですか?

回答
回答

・前職では営業部に在籍していましたが、仕事が今ひとつ合わず転職を決意しました。そこで、以前からゲームが好きなので、御社を志望しました。未経験で即戦力にはなれませんが、一生懸命頑張ります。

チェックポイント

「前の仕事が合わなかった」というを転職理由は印象を悪くします。また「好き」という志望動機は説得力がなく、「未経験なので自信がない」という態度も改めましょう。