最後の質問のイラスト

面接ノコト

最後に何か質問はありますか?

この記事で分かること
  • 最後に何か質問はありますか?の質問の意図
  • 回答で気をつけたい4つのポイント
  • この質問の回答例
結論

はじめに結論アピールタイムとして活用しましょう。

この質問がきたら、情報収集のチャンスとも言えます。

「何も質問なんてない…」「質問なんてしなくても入社したいと思っているし…」と思う方もいるかもしれませんが、逆質問も面接の一部で、言い換えると自分をPRすることができるチャンスとも言えます。

質問の目的や意図

面接官
面接官

最後に何か質問はありますか?

「最後に何か質問はありますか?」と採用担当者がこの質問をするのには、純粋に「何かわからないことはないか?」を問う目的です。

ですが、ここで「とくにありません」としか言わないのは非常にもったいないことです。

何か質問はないですか?

もし質問がなかった場合、採用担当者は「この応募者は当社についてどう思っているのか?」と不安になってしまう場合があります。

その為、面接のやりとりだけではわからなかったことを聞いても良く、それ以外にも「可能であれば社内の雰囲気を見せていただけませんか?」とお願いしてみるのも方法です。

もし本当に何も聞くことがない場合、「いろいろお話をお伺いできて大変有意義でした。採用していただけたら、精いっぱいがんばりたいと思います」と言うなど、アピールタイムとして活用しましょう。

回答で気をつけたい4つのポイント

「何か聞かなければ、やる気がないと思われる」と焦るあまり、すでに説明されたことや見当はずれなことを聞く人がいますが、これではかえって逆効果です。

質問する内容は自由ですが、どんなことを聞いてもいいというわけではなく、質問の仕方を間違えると、良くない印象を与えかねません。

以下4つのポイントに配慮して質問するようにしましょう。

自分が知りたいことを質問する

逆質問は、基本的に企業について自分が知りたいと思うことで構いません。

ありがちなもので構わないので、質問の内容を応募企業にあわせて深掘るなどして、興味・関心を示し自己PRに繋げましょう。

すでに話した内容について聞かない

それまでの面接でのやり取りで、面接官と話した内容や、事前に面接官が話していた内容を、再度聞くことはやめましょう。

「さっきの話を聞いてなかったのか」とマイナスな印象になりかねないので、今までの話には出てこなかった質問をするようにしましょう。

就業条件や福利厚生について聞くのはNG

残業や有給休暇、育児休暇など就業条件や福利厚生について聞くのも基本的にはNGです。

会社や仕事内容よりも、待遇面が判断基準になっているように伝わってしまうので、この質問はしないようにしましょう。

調べればわかることは踏み込んだ内容の質問にする

調べれば分かる情報について質問してしまうのは、「自分は御社について調べていません」と言っているようなもので、採用担当者の心象を悪くします。

ですが、こういった情報をさらに深掘りすることで、好印象につなげることもできるので、踏み込んだ質問にして「仕事についてもっと詳しく知りたい」という意欲を交えて質問するようにしましょう。

この質問の回答例

良い回答例

面接官
面接官

最後に何か質問はありますか?

回答
回答

大変活気のある職場で、社員の方が明るくていらっしゃいますが、社員の方は御社のどんな点が好きなのでしょうか?

チェックポイント

面接でポジティブな印象を感じたら、それをさりげなく添えるのも良い質問です。客観的な評価をありがたがる採用担当者も多いので、遠慮せずに質問してみましょう。

悪い回答例

面接官
面接官

最後に何か質問はありますか?

回答
回答

社員の皆さんの有給休暇の消化率はどれくらいですか?残業や休日出勤はどれくらいありますか?

チェックポイント

休みをイメージさせる内容は基本的にNGです。気になるのは分かりますが、伝え方によっては「会社や仕事内容よりも、待遇面が判断基準になっている」という印象を与えてしまいます。