他社に応募していますか?

面接ノコト

当社以外にも他の会社を受けていますか?

この記事で分かること
  • 当社以外にもほかの会社を受けていますか?の質問の意図
  • 回答で気をつけたい3つのポイント
  • この質問の回答例
結論

はじめに結論信頼を損なわないよう、事実をきちんと述べましょう。

「当社以外にも他の会社を受けていますか?」の質問は、状況を見極めながら正直に話したほうが良い質問です。

ですが、あまりストレートすぎた回答では相手に不快感を与える場合もあるので注意が必要です。

質問の目的や意図

面接官
面接官

当社以外にも他の会社を受けていますか?

この質問は「この応募者はどれくらい本気でうちの会社を受けているのか」など、転職活動状況や応募企業の位置付けを確認するのが目的です。

「当社は第一志望ですか?」という聞き方をしてくる場合もあるでしょう。

新卒の面接の場合には、どの会社に対しても「第一志望です」と答えたほうが良い、と言われていたかもしれませんが、中途採用の場合は異なります。

中途採用で大事なのは、採用担当者と応募者との信頼関係です。

他に第一志望の会社がある場合「他にも応募書類を出している会社があります。」と正直に言い、本当に第一志望の場合、きちんとアピールしましょう。

回答で気をつけたい3つのポイント

同時に複数社へ応募してことを採用担当者は理解しています。その為、答えにくい質問だと思いますが、素直に転職活動状況を伝えることが大切です。

この質問では、主に以下3つの事柄を考慮して回答するようにしましょう。

正直に伝える

複数の会社を同時に受けている場合には、その旨を正直に述べたほうが良く、「他社も受けている」という回答は問題ありません。

「他に第一志望の企業があり、現在その結果を待っているところです」など、正直に言い過ぎるのは考えものです。その場合、たとえ優秀な応募者であっても採用を躊躇されてしまうので、応募企業が第一志望だと回答することが望まれます。

相手に不快感を与えず、かつチャンスをとりこぼさない言い方を研究しましょう。

業界や業種を揃えて回答する

応募している企業の業界や業種を揃えて回答することが大切です。

現在面接を受けている企業と同じ業界や同じ業種・職種の企業について伝えるのが最も好印象で、これがバラバラの場合、志望先を決めきれていない印象を与えてしまう可能性があります。

その為、他社の選考状況もなるべく揃えて答えるようにしましょう。

全てを答える必要はない

転職活動で、一度に複数の企業を応募するのはごく自然のことで、1つに絞っているのが事実であれば、嘘をついたり隠したりせずに正直に答えた方が良いでしょう。

ですが、反対に多くを受け過ぎていると印象が悪くなることもあります。

その場合、無計画に転職活動を進めている印象を与えてしまい、ひとつひとつの企業と真剣に向き合っていないと思われる可能性があるので注意しましょう。

この質問の回答例

良い回答例

面接官
面接官

当社以外にも他の会社を受けていますか?

回答
回答

転職先では、できるだけ長く働きたいと思っています。その為にも、できるだけ自分に合う職場を見つけたいと思い、他に3社応募しています。ですが、今日お話をお聞きして御社にもとても魅力を感じていますので、前向きに考えたいと思います。

チェックポイント

他に何社か応募していて第一志望でない場合、相手に不快感を与えないよう、かつ事実を話しておきましょう。

悪い回答例

面接官
面接官

当社以外にも他の会社を受けていますか?

回答
回答

第一志望は他社ですが、御社の話をもう少しお聞きして前向きに考えたいと思います。

チェックポイント

正直すぎて採用担当者に不快感を与えるような答え方は避けましょう。


面接官
面接官

当社以外にも他の会社を受けていますか?

回答
回答

御社が第一志望です。内定をいただけたらがんばります。

チェックポイント

第一志望である場合、正直のそれを述べることは大切です。ですが、理由について併せて述べることで、信憑性があります。しっかりとその理由を述べましょう。